知っておくと得をする、金庫の鍵のマメ知識

金庫の鍵やダイヤル番号をなくさないためにできること

知っておくと得をする、金庫の鍵のマメ知識
引用:引用元一覧に記載

金庫には普通、とても大切なものを入れているはずです。
そんな金庫の鍵を紛失してしまったり、ダイヤル番号を忘れてしまったら大変です。

素人では簡単に開けることができませんから私どものような鍵屋さんを呼ぶのが対処方法になります。

日頃から金庫の鍵やダイヤル番号などはしっかり管理しておく必要があります。

では普段から鍵をなくしたりダイヤル番号をすぐに忘れてしまう人はどうしたよいかですが、やるべきことがあります。

それは、鍵の置場所を固定すること。
誰でも鍵はなくしてしまいやすいものです。
実際になくしてしまう人とそうでない人との違いは、置場所を固定しているかどうかに左右されるといっても過言ではないと思います。

当然、置場所を固定している人の方が鍵をなくさない確率が高いです。
金庫の鍵の置場所を決めておくと紛失しにくくなります。また、ダイヤル番号の場合も決めたらすぐに控えを固定した置場所に置いておくと忘れた時でも安心です。

とはいえ、あまり金庫の鍵を固定した場所に置きたくないという人もいるかと思います。
そんな場合は財布などいつも持ち歩いているものと一緒にしておくと、なくす確率が低くなります。

金庫の鍵が開かないときの対処方法

金庫を所有することによって、大切な資産などを守ることができます。
プライベートの自宅においても会社においても金庫は活用することができるので、様々な場面で使用することになります。

金庫にも色々な種類がありますが、共通していることは鍵が必要になるということです。
差し込むタイプの鍵もありますし、テンキーのように番号を打ち込んで開錠するタイプの鍵もあります。

鍵が開かなくなってしまったときの対処方法は色々あります。
鍵が差し込むタイプの金庫を所有しているときに最も多いのが、鍵を紛失してしまって開かなくなるということです。

鍵を紛失してしまったときは、まずは鍵を探すようにしましょう。
自身がどこに行ったときに鍵を紛失してしまったのか、保管する場所を勘違いしていないかなど、思い出して探すと意外と見つかることがあります。
テンキータイプの金庫が開かなくなってしまったり、自身や周辺でどうしても開けることができないときは、私たちのような鍵屋さんに連絡をして開けてもらうのが手っ取り早い方法です。

弊社はお電話いただいた当日に即日対応いたします。急いでいるときにも、すぐに金庫の鍵を開けることができますので、お困りの時はご連絡ください。

金庫の保管の仕方を工夫して盗難防止

金庫を盗難されづらくする方法は、泥棒にとって盗りづらい金庫の保管場所を考えるのが一番です。まずは金庫の使用頻度にもよりますが、できるだけ使用しづらい場所に金庫を置いておくことです。

押入れの奥などの人の目につかない場所に隠しておきましょう。仕事を早く終わらせたいと考える窃盗犯は、金庫にたどり着くまでに時間がかかるのをとても嫌がります。
それにわかりにくい場所に金庫があれば、金庫の存在に気付かれずに盗まれることを回避できる確率が高くなります。もし壁などに埋め込まれているタイプの金庫でしたら、金庫の前に物を置いたり壁掛けを置いて見えなくしておくことも盗難防止には有効です。

それだと普段使用しづらいと感じる場合には、金庫を保管してある部屋に入りづらくすることです。複数の鍵がかかっている部屋に金庫を置いておきましょう。

また、移動しやすい金庫の使用は控えることです。
重たい金庫を動かしやすくするキャスター付きの物などは、盗む側にとっても運び出しやすいものになります。使いやすさよりも動かしにくいものを選んでおいた方が賢明です。
可能であれば、床などに金庫を固定させて置いたほうが安心です。

一見して金庫とわからない見た目の金庫を使用することでも、盗難の被害に遭う確率が低くなります。

最近ではさまざまなカムフラージュ金庫がありますので、新しく購入する場合にはこういったものを検討してみるのも一つの手です。

このページの先頭へ